〜子育てに悩めるママとパパへ〜

横浜モンテッソーリ ブログ

Follow by Email
Facebook
Twitter
Google+
https://montessori-education.jp">
LINKEDIN

ブログ記事

横浜モンテッソーリ幼稚園の教室は「感覚教具」で満たされています。 皆さんもよくご存知の通り、これらはマリア・モンテッソーリが子ども達の「知性の鍵をあける」ために編み出したものです。感覚教具の発展として、子どもたちは、自然に数に対する興味が芽生えてきます。 今日は、数教
夏休みやお正月休みなど、長いお休み明けには子どもはとかく、生活のリズムを崩しやすいものです。 つねにやる気がみなぎる状態でいるのは、大人にだって難しいこと。 子どもならなおさらです。生命のリズムには緩急のバイオリズムがある。と言っても、あまりに緩みきってしまった場合、
お見送りで、子どもに泣かれると罪悪感にさいなまれる。 そんなパパやママが少なくないでしょう?
マリア・モンテッソーリは子どもの発達には4つの危機があると説いています。イヤイヤ期にあたる「自我の確立の危機」とは?
「これ、おいしいからもう一口食べようか」そういいながら、嫌がる口にスプーンを運んでいました。これでは食べることさえ、嫌いになりかねません。
どんなに離れていても「心の紐」さえあれば、子どもは大人の想像をはるかに超えた素晴しい奇跡を起こします。 では皆さん、この「心の紐」はどのタイミングで育まれると思いますか。
親がどのくらい子どもに心をかけているか。子どもの手をみるとよくわかります。過保護に育てられた家の子どもの手は動かないからです。
「時間がないから」という理由で、お母さん自身が気を利かせて、あれもこれも過不足ないようにと、お子さんの鞄にお弁当やらシャツやら下着やらタオルやらを詰めてしまう。そんなことはありませんか?
目の前にいる子どもをよく見て、その子がいちばんやりたいことに集中出来るように見守る。それがいちばんたいせつなことなのです。

講演 & 動画

「0歳からの出発」

(過去アーカイブ動画)

Follow by Email
Facebook
Twitter
Google+
https://montessori-education.jp">
LINKEDIN