受け入れること。そして信じること。そうすれば、子どもは必ず微笑むから。
12月 13

受け入れること。そして信じること。そうすれば、子どもは必ず微笑むから。

 子どもがこの世界に生まれて、この横浜・モンテッソーリ幼稚園で学習する。

 この意味の大きさを私達大人が知ることは、とてもたいせつなことです。

 

 いま、目の前の子どもがどんなことに興味をもって、どんなふうに手を使いたがっているか。よく観察してください。まずは、子どもを受け入れること。そして信じること。

 それさえ出来れば、子ども達は必ず、微笑みます。そこからstudyがはじまるんです。そうでないと、押し付けになってしまいます。大人が自分本位で、自分の満足のために教える教育はよくありません。

 大人都合の教えを子どもは見抜き、嫌います。嫌われちゃうから、大人は子どもを叱らなきゃならない。たいがい、この悪循環なのです。とはいえ、「何とかしなくちゃ」と大人が身構える必要はありません。何とかしなくて大丈夫。

 Accept(受け入れる)⇒Trust(信じる)⇒Smile(微笑む)

 これさえ出来れば、子ども達はぐんぐん、「ひとりでに」成長していきます。

 

 横浜・モンテッソーリ幼稚園のエントランスには「トライアングル」と呼ばれる小部屋があるのをご存知ですか?
 この場所は僕の手作りです。5人も入れば、たちまち満員御礼の小さな空間ですが、子ども達は大のお気に入りです。外からも中からも出入り自由。
 なぜか教室から出入りするドアの内側にはおびただしいセロテープの跡が残っています。実はそれは満席になったときの「立ち入り禁止」の子どもたちなりの合図だったのです!
 シール貼りに没頭したり、いっしょに手作りしたり。
 ここで過ごした楽しい時間のことを子ども達はよく憶えている。

 その証拠に、年中さん、年長さん、エレメンタリースクールへと進級した子らが、いまでも毎朝、自分の教室に直行せずに、わざわざここに立ち寄って「文雄先生、おはようございます!」と握手をしていきます。トライアングルを卒業しても(After Triangle)、

 とびきりの笑顔は続く、(to be continued)という訳です。

 

 

screenshot 2018-12-13 9.29.541
screenshot 2018-12-13 9.28.59
screenshot 2018-12-13 9.28.071
main-usinghand-fumio
screenshot 2018-12-13 9.28.31
screenshot 2018-12-13 9.32.17
screenshot 2018-12-13 9.31.37
screenshot 2018-12-13 9.33.17
screenshot 2018-12-13 9.20.15
tower copy
screenshot 2018-12-13 9.23.10
screenshot 2018-12-13 9.18.29
園児の作品。3

About The Author

Follow by Email
Facebook
Twitter
LINKEDIN